消費税

赤字でも関係無い税金 消費税


本日は税金について少々。

以前Facebookページに投稿した内容なのですが、税金に関する記事もちょくちょく更新してまとめてゆこうと思います。

「消費税」って赤字でも納めなければいけないことがある税金なんです

例えば、物を1,080,000円で物を売ったとしましょう。

そのとき、手元には1,080,000円お金が入るわけですが

80,000円については消費税の申告の際に納めなければなりません。

これ、税務上、80,000円は預かっている消費税って考え方をするのですが、なかなか、預かっているお金と考えるのは難しいですよね。

ただ、80,000円をそのまま納めるかというとそうではなく、

仕入など、支払った金額にかかっている消費税を差し引いてその差額で納付する金額を計算いたします。なので、この商品、540,000円で仕入れたとしますと、
80,000円ー40,000円=40,000円の消費税を納付期限までに納めなければなりません。

今回は、1,000,000円ー500,000円 =500,000円の利益に対して
40,000円の消費税を納めなければならない計算です。

単純計算では利益の8% が納める消費税になる計算なのですが、

消費税のかからない取引というものがあるんです。
これ、売った方なら消費税納めなくていいのですが、
買った方・支払った方ならこの算式の控除に使うことができないんです。

代表的なのが「お給料」これは消費税のかからない取引となります
なので先ほどの例でお給料が600,000円かかったとすると、
利益は

1,000,000円ー500,000円ー600,000円= △100,000円
納付消費税は

40,000円のまま となるんですね。

ちょっと長くなってしまったので、締めに入りますが、消費税を滞納・分割納付としてしまっている、ギリギリのところで頑張っている中小企業の経営者さん達。
本当に消費税を払いたくても払えない状況なんだと思います。

税理士がこの状況を解決できるかといったら、実は難しいわけで、税金を計算できても払えない。そんな矛盾となってしまうのです。
マーケティング・セールスの勉強も、これからもっともっとして、頑張る経営者さん達のお顔を笑顔に変えられるよう、日々精進していこうと思います。

 


ピックアップ記事

  1. 企業研修講師させていただきました。

関連記事

  1. お仕事

    本日は久しぶりに税金(住民税)のお話。

    本日は、久しぶりに税金のお話をしようと思います。最近、お客さん…

  2. お仕事

    事業やるなら消費税については、相談できる人見つけておきましょう。

    税理士を雇うか雇わないか、そんな話になったときに、起業の初期な…

  3. お仕事

    勝浦七福券合宿

    もう早いもので今年も二週間ちょっと。年末調整の作業が始まり、会計業界は…

  4. お仕事

    年末調整ってこういうことです。長くてごめんなさい。

    11月申告の会社さんが重なっていたこともあり、先週一週間はドタ…

  5. お仕事

    日本政策金融公庫による融資決定

    先週なのですが、自分でも少し緊張していたお客さんの融資の審査がありまし…

  6. お仕事

    全額損金の保険が節税になるかどうか事例を用いて考えてみました。

    久しぶりの投稿がこのような内容で恐縮なのですが、昨年度から今年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. お仕事

    テニスでとてもとてもお世話になった人と打ち合わせ
  2. お仕事

    高校時代の対戦相手から
  3. お仕事

    企業研修講師させていただきました。
  4. お仕事

    明けましておめでとうございます☆
  5. 未分類

    iPhoneより投稿
PAGE TOP